最近話題になっていた「西部邁」に関する最新情報をまとめたよ!

最新のキーワードとして「安保条約,北朝鮮」等に関するワードが今日関連して注目されているみたいよ♪要チェックね!

PickUp Tweet】
issaku 2018-11-06 14:46:34 ID:@issaku14
『サンデー毎日』で高澤秀次の「評伝 西部邁 虚無主義を超えて」という連載が始まりました。これは毎週、要チェックだぜ。 https://t.co/QupTrhAUQj



つぶやき注目度:

1: 柳美里 2018-11-07 20:17:50 ID:@yu_miri_0622
事実と異なります。 25年前。 私が殴った文芸評論家は1人だけ。絓秀実氏。 新宿風花のカウンターで呑んでいたら、絓氏が隣に座り、 「顔が割といいから、ヘアヌード写真集出せよ」と言い、頭と顔を触ってきたから、殴った。 触られたから、… https://t.co/5XSBx29RWi


2: 5億円 2017 2018-11-08 16:21:49 ID:@Beriya
すが秀実が殴られたという話、目撃者が西部邁と福田和也だったというのがいいですね。


3: mold 2018-11-04 18:49:06 ID:@lautream
共産党もその点危ないんだけどな。相手が誰であれ、ちょっと褒められると浮かれちゃうところがあるから。西部邁を批判抜きで真の保守みたいに持ち上げたこととか、ありえないんだけど。


4: 毎日新聞 2018-11-08 08:30:02 ID:@mainichi
虚無主義を超えて・評伝西部邁:予告された死の真相/1=高澤秀次 https://t.co/9YhKLAe9SR


5: ミスター 2018-11-06 16:14:31 ID:@hahaha8201
西部邁の核武装論は、一見きわめて右翼的なように見えるが、その論理としては「生存権」としての核武装論であった。現状のアメリカ一強の世界で核武装に反対する意見は、不可避的にアメリカと連合国による管理社会状態を容認なってしまう。その点で北朝鮮の核を否定するのもおかしな話である。


6: 紗里野助左衛門 2018-11-10 08:14:38 ID:@A3M5LjZ6mpc5c6z
【備忘録】適菜収著『もう、きみには頼まない』で著者が「没落する時代に読むべき本」として薦めている本8冊。 中野剛志『日本の没落』 西部邁『思想の英雄たち』 ウィリアム・H・マクニール『世界史』 適菜収『箸の持ち方』 エッカーマン『ゲートとの対話』


7: 2018-11-07 18:18:54 ID:@oki304
和樂、も硬派になったが、「サンデー毎日」も編集長が変わって、「評伝 西部邁」とか、「時代に翻弄されるコトバたち」とか、好企画が続々と。こういうのを読みたい。要は、前の編集長がダメだった。 https://t.co/0BiIlf6omM


8: 古井由吉の文章 2018-11-06 23:18:43 ID:@furuiyo
この黙示録的な情念が日本の戦後にはほとんどなかった。というのは、あまりにも徹底した負けだったから。メカニズムに、大量生産的なものに負けてるので。相手が仮にも人格的な姿で攻めてくるんだったらまた違ったでしょうね。(『西部邁発言①』言葉の危機)


9: わたまけ⁂生きるの苦しい 2018-11-11 04:19:48 ID:@wata_make
人によっては「力になってくれる人」が、一緒に自殺してくれる人だったり、座間の事件のような人だったり、西部邁さんの自殺を手伝った人だったりする。苦しんでいる人が本当に必要としていることは何なのか。自殺を止めることに固執せず、安楽死の是非も含めて考える必要がある。


10: 古井由吉の文章 2018-11-04 16:47:24 ID:@furuiyo
戦(いくさ)というのは、古い戦を見ると、神と神との戦いなんですよ。神というのは、そこの伝統の結実・昇華したようなもんでしょう。敵の神とこちらの神が戦って、敗戦というのはこちらの神が負けることなんです。これは民にとっても羞恥と、羞恥の狼狽を惹き起こす。(『西部邁発言①』言葉の危機)


11: 井上靜 Joe Inoue 2018-11-06 08:27:39 ID:@ruhiginoue
@AokiTonko @Kitsch_Matsuo 松尾貴史さんが笑いのネタにしていた西部邁さんについて、会ったら思っていたほど意地悪な人じゃなかったと言ったのは、病苦で自殺した人に配慮が要ったのだろうけど、西川史子さんが嫌いと公… https://t.co/Uq1VXLaWsn


12: koji hasegawa 2018-11-05 23:59:11 ID:@myfavoritescene
#放送大学 西部邁の昔のを流していた。最後一瞬だけでちょっと残念だったが、昔過ぎて体形が違い始め誰だかわからなかったw


13: 日仏共同テレビ局France10及川健二 2018-11-05 00:56:12 ID:@esperanto2600
保守思想の源流をエドマンド=バークに求めるのは西部邁先生の発明でして、世界的ではありません。私は異端派なのでモンテスキューを保守の源流に据えていいのでは?と思いますが、フランス保守思想の源流はJoseph de Maistre(ヨ… https://t.co/Fth5TrIl6K


14: 永遠の風_bot 2018-11-08 08:47:46 ID:@eternalwind6
安倍の祖父の岸信介がやった安保改定の時、全学連サヨクは、安保闘争で反対したが、彼らは誰一人安保の条文読んでなかった。 全学連の中央執行委員だった西部邁は、留置場に入れられたあとに初めて安保条約読んで、「まともなこと書いてるなと思った」とか言ってる



つぶやき注目度:

15: 古井由吉の文章 2018-11-06 23:19:09 ID:@furuiyo
でも大量生産的に、無差別にやられたから怒りようがなかった。とはいうものの、敗戦の民が立ち上がるには、本当は逆転の発想しかないんですよ。そのときに人は目前の生活があって妻子を庇わなきゃならない。そっちのほうの現実についた。(『西部邁発言①』言葉の危機)


16: 古井由吉の文章 2018-11-06 23:19:49 ID:@furuiyo
それはそれでいいんだ。ただ生活にゆとりが出たときに、黙示録的な情念を掠めとられた後遺症が残るわけです。六〇年安保、七〇年安保も、ほとんどそういうことを知らない若い者だったかもしれないけれど、それを取り戻そうという運動だったと思う。(『西部邁発言①』言葉の危機)


17: うまやど 2018-11-07 12:32:29 ID:@umayado17
「松本健一/福田和也/西尾幹二/花田紀凱/長谷川三千子など、日本国の基盤に猛毒の腐食液を注入して崩壊せしめる“黒いアナーキスト軍団”は大嘘付きばかり。反・道徳の道徳破壊者ばかり。比して、かれらと同じ日本国に有害な極左暴力革命家だが、西部邁は稀有な正直アナーキスト。ご冥福を祈る。」


18: 古井由吉の文章 2018-11-06 23:20:04 ID:@furuiyo
そのことをほとんどだれも適切に指摘できなかった。僕も含めてね。(『西部邁発言①』言葉の危機)


19: Kentaro_SUZUKI 2018-11-11 20:02:29 ID:@suzuken2002
どんな理由から「スパイ」と言われたか知らないが、アンパンを「激励」に買った西部邁(蓮實の友人)を絓が自主ゼミに連れ来て、一夫一婦制の大切などを説いた西部が追い返された話を知ると、アイロニカルに「加担」するのみで物書きとして蓮實と戦… https://t.co/k8GKQq9gWy


20: 古井由吉の文章 2018-11-04 16:47:46 ID:@furuiyo
これからどう立ち直るか。それには一つしかないんだ。それは、自分たちの神が負けたんじゃなくて、自分たちの神が自分たちを滅ぼしたんだ、という発想の大転換、黙示録的な情念というものなのでしょう。(『西部邁発言①』言葉の危機)


21: 🌸大ちゃんママ🌸 2018-11-08 16:00:09 ID:@yobu_dai
@XOPieFszaUHXlgN @hitoshi44867230 @Bell_Boyd @JAPAN_NWO @miracle24819324 @GCXVTCnCmxI3SUf @Kotaroganbare @AititSuihttps://t.co/z2fkMsRj62


22: 古井由吉の文章 2018-11-04 16:48:01 ID:@furuiyo
なぜ神が自分たちを滅ぼしたか、それは自分たちが神に忠実じゃなかったからというのが旧約聖書だけれど、同じようなことがいろんな形であると思うんですよ。(『西部邁発言①』言葉の危機)


23: ものぽーる 2018-11-08 21:46:30 ID:@monopole0001
言論人は自分が生きているあいだだけの効果の小か大かで、言論の虚実を判断してはならないのである。だから自分の生涯についてならば言論は虚しいことを承知の上で、言論に取りかかるのが当然と私は思う。(西部邁)


24: ものぽーる 2018-11-05 21:58:05 ID:@monopole0001
近代主義という精神的溶液に漬かった国民は、その溶液のもつ過去破壊的な性質のために、晩かれ早かれ言語能力における衰弱に見舞われるのだ。言葉はかならず過去からやってくるのであり、過去という名の社会の底が抜ければ、言葉はその社会から流出していくに決まっているからである。(西部邁)


25: Azo / アゾ 2018-11-12 01:49:56 ID:@RNazoNR
そんなに死について考えたいなら西部邁の『死生論』やギリシャ死生学、生命論を読んで学んで考えてみてはいかがでしょうか


26: 古井由吉の文章 2018-11-07 22:16:30 ID:@furuiyo
でも、宥和ということの前提に、復讐の情念があったということでしょう。じゃないですか?(笑)ピースというのも、戦乱があっての話でしょう。ピースというのは休戦なんですね、はっきり言って。(『西部邁発言①』言葉の危機)


27: あみーびっく/Ami-Bique 2018-11-07 08:26:02 ID:@Ami_Bique
「自己を絶対視する者は、その膨らみ切った自己の精神的中味がまったくの空虚であると知らされるであろう。それを知りたくないために、大衆は『自己』を社会の意味体系の祭壇に鎮座させる。つまり『自己物神化』に酔い痴れた振りをする、それが現代人の生き方となっているのだ」−西部邁『虚無の構造』


28: Azo / アゾ 2018-11-12 01:53:33 ID:@RNazoNR
@honarane_yourse 個人的には西部邁の『死生論』 古いけど割と読みやすいよ


29: 龍の字 2018-11-06 20:57:33 ID:@dragon_boss
『サンデー毎日』で西部邁の評伝が始まっていた。筆者は高澤秀次で、レイアウトデザインが鈴木成一デザイン室、渋い。